本文へスキップ
QRコード メール
お問い合わせはメールにて承っております
足裏角質ケア
靴や歩行時の重心により、足裏にかかる刺激は異なります。
過度の刺激による角質の肥厚は、足裏を守るためのものなのです。
しかし、歩行バランスに影響を与える場合はお手入れも必要です。
姿勢維持には、足裏環境を整えることも大切です。靴の見直しもです。

角質肥厚(かくしつひこう)

靴の中で受ける刺激は、本来やわらかな足裏を皮膚から剥がれる角質によって分厚くなりながら足裏を守ろうとします。
外圧を解消するとともに厚くなった角質を整えることで、歩きやすいふわふわの足裏へと導いていきます。

足裏のクッション性が高まれば、足取りも軽やかに。

タコとり
レディーサー

タコやウエオノメもそのひとつです

タコと呼ばれるものは、一般的に角質が部分的に分厚くなっているもので、外部刺激が重なって、角質が増えたものです。

ウオノメと呼ばれるものは、石ころのようなものに角質が覆われているもので、着地による違和感や刺激を感じます。


お時間以内でしたら、ご相談ください。


ご紹介
comforteble hutch
季節のケアをブログに書いています
 

なごみ整体では、足裏から姿勢と健康ををサポートしています