降三世明王

五大明王の東方に位置するのは、「降三世明王(ごうざんぜみょうおう)」という仏様です。

降三世明王


阿シュク如来の権化とされる明王で、サンスクリット名は「三つの世界を降伏する者」を意味する「Trailokyavijaya(トライローキャヴィジャヤ」(「Vajrahumkara(ヴァジュラフーンカラ)」という別称もあります)。
過去・現在・未来の「三世」、あるいは欲界・色界・無色界の「三界」にわたり諸悪を退け、貪(とん=貪り)・瞋(じん=怒り)・癡(ち=愚かさ)の「三毒」を滅ぼすとされている明王です。

お姿の特徴は、三面八臂(もしくは六臂)。三面全てが三目で、第一手に降三世印を結び、残りの手には金剛鈴、三鈷鉾、弓矢、利剣、白蛇(索)などを持ちます。
また足元には、大日如来の教勅に従わなかったとされる大自在天とその伴侶の烏摩妃(うまひ)を踏みつけ懲らしめており、この男女神は「三毒」そのものであり、彼らを踏みつける降三世明王の両足は「禅定」と「智慧」をそれぞれ意味していると言われております。大自在天とは、ヒンドゥー教におけるシヴァ神のことです。その破壊神という性格から、最も教化が難しい異教神として選ばれ、降三世明王の威徳がそれに勝っていることを表現しているのでしょう。

当山常福寺の降三世明王は、三面八臂の立像で像高173.3cm。
カヤ材の一木造。平安期の作らしく、現在は五体あわせて国指定の重要文化財となっております。


Copyright(C) Jofukuji Allright Reserved
Since 2004.4.8