軍荼利明王

五大明王の南方に位置するのは、「軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)」という仏様です。

軍荼利明王


宝生如来の権化とされる明王で、サンスクリット名は「髑髏(もしくは、とぐろ)を巻く蛇」または「甘露の壷」を意味する「Kundali(クンダリー)」。
その名前の通り、軍荼利明王は頭に髑髏を冠し、首や手足に瓔珞や臂釧として蛇を巻きつけた姿で表されます。蛇が執念深い動物と考えられることから、悪心を飽きることなく懲らしめるとされている明王であり、阿修羅や悪鬼から人間を守護し、障害を取り除いてくれる明王と信仰されております。
そして、別称の「甘露」とはインド神話でamrta(アムリタ)と呼ばれる不老不死の霊薬のことであり、軍荼利明王は特に息災延命の威力に勝れた明王であるとも言われております。

お姿の特徴は、一面三目八臂。第一手に大瞋印を結び、残りの手には五鈷杵、輪宝、三鈷斧、白蛇(索)などを持ちます。
そして、上記の理由からその身に髑髏と蛇を身に付けています。(珍しい例としては、聖天(大聖歓喜天)を従えた姿もあります)

当山常福寺の軍荼利明王は、一面八臂の立像で像高174.3cm。
カヤ材の一木造。平安期の作らしく、現在は五体あわせて国指定の重要文化財となっております。


Copyright(C) Jofukuji Allright Reserved
Since 2004.4.8