金剛夜叉明王

五大明王の北方に位置するのは、「金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)」という仏様です。
金剛夜叉明王

不空成就如来の権化とされる明王で、サンスクリット名は「金剛鬼神」を意味する「Vajrayaksa(ヴァジュラヤクシャ)」。
このVajra(ヴァジュラ)とは煩悩を打ち砕く法具である金剛杵を指し、yaksa(ヤクシャ)とはインドの鬼神で仏法を守護する尊格であります。
古くより調伏や息災の本尊として信仰されてきた明王であり、金剛薬叉と表記されることもあります。

お姿の特徴は、三面六臂。正面のみ五目で、左右の二面は三目。手に利剣、輪宝、弓矢、五鈷杵、金剛鈴を持ちます。

当山常福寺の金剛夜叉明王は、三面六臂の立像で像高181cm。
カヤ材の一木造。平安期の作らしく、現在は五体あわせて国指定の重要文化財となっております。


Copyright(C) Jofukuji Allright Reserved
Since 2004.4.8