北川牛乳店 

お問い合わせ

三重県伊賀市にあり、明治40年から続く牛乳屋。こだわりの低温殺菌牛乳。

前へ
次へ

北川牛乳店

明治40年創業。
三重県伊賀市にあり
4代目の店主が昔ながらの味を
守り続けています。
2017年より自社牛乳を使ったジェラートの販売を開始。
改良を重ね、2018年4月には
生ジェラートを開発し販売開始。

低温殺菌牛乳

三重県内の酪農家から仕入れた原乳を
自社工場で低温殺菌し、瓶詰め。
こだわりの65℃30分の低温殺菌牛乳。
900cc、500cc、200cc

生ジェラート

自社で低温殺菌した
こだわりの牛乳をたっぷり使った
生ジェラート。
2018年より販売開始。



北川牛乳


〜こだわりの65℃30分間 低温殺菌〜

一般的な牛乳の殺菌方法は
温度と時間により下記の三種類に大別されます。
*低温保持殺菌 63~65℃ 30分
*高温短時間殺菌 72℃以上 15秒以上
*超高温瞬間殺菌 120~130℃ 2~3秒
スーパーなどで多く出回っているのは
超高温殺菌で殺菌処理されたものです。

一般に牛乳は、65℃以上で変質し始めます。

65℃以上で殺菌する場合、加熱臭(焦げ味)が発生してしまいます。
その場合、独特の牛乳臭さが後味として残るとともに、
成分的にも殺菌処理時間に応じた影響を受けることになります。

北川牛乳は、低温殺菌なので加熱臭(焦げ味)はなく、スッキリとしたのどごし、
成分無調整で牛乳本来の栄養を損なう事無く、風味もそのままです。
今まで牛乳が苦手だったけど、
低温殺菌の北川牛乳なら飲める!と言って頂けることも多いです。
牛乳の匂いや後味が苦手な方は、超高温殺菌により、
たんぱく質が焦げる事で発生する焦げ臭が原因です。
この加熱臭(焦げ臭)を牛乳のコクだと勘違いして美味しい牛乳の基準としている方もいますが
苦手な方は、この加熱臭(焦げ臭)が原因だったりするので
低温殺菌牛乳だと飲めたりするのです。

宅配はもちろん、店頭販売もしているので
ぜひ一度飲んでみてください。


牛乳屋さんのジェラート

4代目が自社牛乳を使って商品化した生ジェラート。

一度も凍らせない出来立てのジェラートを
北川牛乳店では生ジェラートと呼んでいます。

普通、ジェラートが完成すると急速冷凍機で冷凍し、
ショーケースで販売します。
普段、皆さんがジェラートショップで見るジェラートとは
ショーケースに並んだ、この状態だと思います。

しかし、北川牛乳店の生ジェラートは出来立てのジェラートを一度も冷凍せず、
そのままアイスクリームのように機械から直接盛り付けます。
なので、 ふわふわで口当たりがとてもなめらか。

出来立てのジェラートを食べる機会は
なかなかないと思うので、ぜひ一度食べに来てください。

生ジェラートは牛乳屋の仕事の合間の販売になります。
変則的な営業となっていますので
FecebookInstagramTwitter公式LINEで営業日をチェックしてください。



あんこ

伊賀市内の和菓子屋さんでも使われている
内藤製餡のあんこを販売しています。
生あん、加糖あん、もち粉、道明寺粉、桜葉、冷凍よもぎ等。

店頭在庫はありませんので
お電話、FAX、店頭でご注文ください。



INFORMATION


2018年5月11日
CBCテレビ 花咲かタイムズ 推しタビで当店が紹介されました
2018年6月22日
だーこさんに取材していただきました。こだわりの低温殺菌牛乳編  究極の生ジェラート編
2018年8月
NAVAさんに載せていただきました。
2018年8月
KELLY8月号に載せていただきました。
2018年8月
NAGI 2018夏号に載せていただきました。
2018年1月
JAさんの彩四季 2018年1月号に載せていただきました

牛乳宅配

  • 主に旧上野市内を配達しています。
    1本からお届けしますので
    ご来店、お電話等でお申し込みください。

    卸販売もしております。
    お問い合わせください。

Instagram




Fecebook










店舗

〒518-0842
三重県伊賀市上野桑町1542番地
北川牛乳店
0595-21-1322



ページのトップへ戻る