__

 

 

 

 

 

 

 

home newsprofile _gallery exhibition _note _album shop

 

2005・1/2/34月/5月/6月

 

 

4月  17日 (日)

訪問者の多い我が家。でも玄関の声が聞こえない時があり、わざわざ遠くから来てくれた人にも迷惑をかけることも・・・。呼びベルを買いにいったが思うようなモノはなかった。なので自作することにした。「出べそスイッチ」完成。これを押せばヤッターマンの秘密メカが出てきそう。

 

 

4月  16日 (土)

畑の隅に目をやるとアスパラが顔を出していた。3年目の春を迎え、たくましくなった姿に感激! 頭に料理のレシピが浮かんでくるような。

 

 

4月  10日 (火)

春の花たちがいっせいに咲き始めた。桜も6部咲きぐらいまで開いてきた。日曜の野点はお天気もよかったので、たくさんの人が来てくれた。次の日は花冷えだ。猫たちも寒いのか体を寄せてくる。ん?関節が少し痛いような・・・。風邪をひいてなければいいのだが。けれど、心配なかれ2人とも元気です。

 


 

4月  5日 (火)

アトリエの改装は「プチ改装」だったはずなのに、大掛かりなものになってしまった。前に比べて、明るい部屋になったと思う。制作に打ち込んでいこうという気になってくる。桜は開花していないが、春の陽気が力をくれたのだろうか。健康第一である。

 

 

 

 

 

5月 31日 (火)

庭の花が次から次へと咲いていく。つゆくさやラベンダーの紫が美しい。ぎぼうし達が名脇役となっている。花の季節であると同時に虫の季節でもある。花と虫は持ちつ持たれつ。花は虫に花粉を運んでもらい、虫は蜜や花粉を食べる。両者のタイミングがぴったり合うことに「自然の摂理」を感じてしまう。

 

 

 

 

 

5月 29日 (日)

今日はひたすらパネルを作る。ぼくは繰り返し作業を黙々と繰り返す事が苦手である。でも薪割り同様、つぼにはまる事もある。同じ作業を続けていると作業の効率化を考え、机上を整理したみたり・・・。誰ももみていないのにね。

 

 

 

 

 

5月  19日 (木)

アトリエの流し場が完成。シンクに使ったのはアパートにいた頃に使っていた洗い桶。古材も使った。制作時も水を多く使うので便利になったし、窓を開けたので光が和室に多く入るようになった。

 

 

 

 

 

5月  9日 (月)

農具小屋。以前、解体した家で使われていた建具や木を利用したので初めてここに来た人に「最近改装したんです。」といっても気づかない。ちょっと残念だけど、これはしっくりしているってことかな。本人は手間をかけた母屋より気に入っているんですがね。

 

 

 

 

 

6月 26日 (日)

とうとうパン窯が完成しました。予定どうり(?)6月中に出来上がったのは自分でもびっくり。家庭用につくったので焚き口と焼成口は同じ。十分に窯を暖めてからパンを入れて焼きます。試運転ではピザを焼きました。表面がパリッとしたクリスピーなピザが焼けましたよ。さあ、どんどん焼いていこう!!

 

 

 

 

 

6月 25日 (土)

雨が降らないので野菜たちが心配だ。春に植えたジャガイモを掘り起こしてみる。大きなじゃがいもくんが出てきたときは一安心。すぐにバケツいっぱいになった。さあじゃがいも料理をかんがえなくちゃ。

 

 

 

6月 20日 (月)

2週間前にスケッチしたパン釜、ようやく形になってきた。自分の制作と平行してつくっているのだが、ここまでくるとどうしてもこの窯が気になって仕方がない。あせっても仕方ないんだけどね。写真では半分ちかくできたように見えるけど、実は置いてあるだけなんだ。

 

 

 

6月 10日 (金)

高校生の時から部屋に飾っていた関根正二の自画像。この絵に何度、励まされたことか。残念なことに彼の作品がある長野県上田市の「信濃デッサン館」が閉鎖してしまうかも知れない。以前、TVで紹介された時に「絶対行きたい」と思っていたのに。いい絵があっても人が入らないとつぶれるのか。無駄な箱ばかり作っている国じゃ仕方ないのか。

 

 

 

 

6月 9日 (木)

「こら〜 ネネ、ボクのクッションとるなよ。」 飼い主に似るというか、飼い主の生活が見えそうですね。いつも、クッションに頭をおいて寝ているのをみていたのでしょうか。この体勢が気に入っているようです。それにしても気持ちよさそう。

 

 

 

 

6月 6日 (月)

やっと暖かくなってきたので、畑の野菜たちが成長し始めた。と同時に頻繁に畑に出るようになる。野菜が成長すれば、草も生える。水田のあちらこちらから刈払い機の音がしている。その音を聞き、自分も混合油の準備を始めるのだ。あとは雨を待つのみ。

 

 

 

 

6月 5日 (日)

アトリエの前庭にパン窯をつくろうと思っている。現在、家にあるオーブンが小さいので、大きなパンが焼けないし、一度に焼ける量も少ない。先日、知人のパン窯で焼いたものを食べてみた。表面がパリッとしていて中はふわふわ。最高だ。制作の方もあるので、毎日時間を決めてやらないとな。

 

____________

バックナンバー
※2006年分はブログDATAの為、読み込みに時間がかかる場合もあります。
 
 

 


All Rights Reserved, Copyright (C) Takeya Takata 2006