もろもろの心柳にまかすべし      

(年次不詳)

句意

 

 春という季節はなんだか物憂い季節である。心に引っかかるすべての思い、

いろいろな考えなど気になることは、この眼前に揺れる柳にすべてをまかすの

がいいのだろうな。

 

 

 この句は江戸期の諸書には、芭蕉の発句として載っていない。

 

 

新旭町太田 大田神社

 

 

MENU        MENU7