憂き我をさびしがらせ閑古鳥      

元禄四年(一六九一)四十八歳の作である

句意

 

 閑古鳥よ。いつも何となく物憂い思いでいる私を、お前のその寂しい鳴き声

で、もっと実体のある明確な閑寂境の中に誘いこんでほしい。

 

 

寂しさの窮極を求める心境句であり、「憂きわれを寂しがらせ秋の寺」の改案

である。

 

西行の「山里にこはまた誰を呼子鳥独り住まんと思ひしものを」への共感から

成った新着想の作句である。

「閑古鳥」「呼子鳥」はともに郭公の異名であり、「閑古鳥」は鳴く声の寂しさ

に重きを置いた名である。

 

句碑

 

左京区一乗寺才形町 金福寺 

 

 

MENU        MENU12