行く春を近江の人と惜しみける      

元禄三年(一六九〇)四十七歳の作である

 

句意

 

 春光うららかに打ち霞む琵琶湖の湖上に、去りゆこうとする春の情緒がた

とうてい。この春を、自分はこの近江の国の人々とともに、心ゆくばかりに

惜しんだことだ。

 

 

おだやかな湖上の、いかにも琵琶湖らしい暮春の情緒を浮かび上がらせて

る。

「近江の人」は近江を郷土とし湖水を愛する人情こまやかな人々であり、その

人々と湖上に暮れゆく春を惜しむところに格別の情感をこめた作である

 

「行く春や近江の人と惜しみける」ともある(真蹟懐紙)。

 

 

甲賀郡甲南町杉谷 息障寺     東浅井郡虎姫町酢 公民館

 

大津市馬場町 義仲寺

 

 

MENU        MENU7