海士の屋は小海老にまじるいとど哉      

元禄三年(一六九〇)四十七歳の作である

 

句意

 

 湖畔の漁家では、土間に置いた平笊の中で獲りたての小海老がぴちぴち飛び

跳ねている。その中にいとど飛びこんで、一緒に跳ね回っている。

 

 

 台所、縁の下など不潔な所にいる「いとど」も、新鮮な小海老と一緒くた

いう侘しい漁家の写実である。形の似たものが一緒に跳ねている様子に俳諧的

興趣を催している。

 

「いとど」はえびこおろぎで、全体が黄褐色。体長約二センチ位でえび形に湾

曲し、長い髭をもっていてよく跳ねる。

 

 

大津市堅田 堅田漁港  

 

 

MENU        MENU7