かくれけり師走の海のかいつぶり      

元禄三年(一六九十)四十七歳の作である

句意

 

 湖上に浮かんでいたかいつぶりが、突然ふいと水に潜って姿を消してしまっ

た。あとはただ師走の湖水が寒々と静まっている。

 

 

かいつぶりは水中の獲物を捕食する時、一瞬すばやく水に潜って姿を消すの

が習性であり、その特有の動作が上五にいきなり「かくれけり」と置いた表

現で、生き生きと捉えられている。

隠れ方の俊敏さに、師走の繁忙から隠れるのかと、ふと興ずる心が動いている。

 

 

草津市矢橋 帰帆島

 

 

MENU        MENU7