大津絵の筆のはじめは何仏      

元禄四年(一六九一)四十八歳の作である

句意

 

 大津絵には様々な仏が描かれるが、正月の筆始めには、画工たちは何仏を描

くのだろう。

 

 

 「三日口を閉ぢて、題 正月四日」の前詞がある。

俳人恒例の歳旦句も詠まず、正月三が日間口を閉じて、四日に初めてこの句を

得たとのの意であり、ユーモラスな口ぶりである。

 

たまたま大津で正月を迎え、土地の名物である大津絵を見て、ふと思ったこと

を口にした趣きの、軽い逸興の句である。

 

 

大津市茶臼山 芭蕉会館     大津市園城寺町 円満院

 

大津市大谷町走井 月心寺

 

 

MENU        MENU7