三井寺の門敲かばや今日の月      

元禄四年(一六九一)四十八歳の作である

句意

 

 皎々たるこの名月に浮かれ出て三井寺まで押しかけ、月下の門を敲きたいも

のだ。

 

 

 八月十五夜、義仲寺の草庵に大津、膳所の門人を集めて月見した折の句であ

る。

 

「僧月下門」を踏まえ、それに倣って月下の門を敲こうというところに

逸興の余勢がこもっている。

また謡曲「三井寺」に同じ八月十六夜の月を賞でる場面があるのを連想した着

想と思われる。

 

 

 

大津市園城寺町 円満院    大津市園城寺町 三井寺

 

 

MENU        MENU7