辛崎の松は花より朧にて      

貞享二年(一六八五)四十二歳の作である

 

句意

 

 湖水一面朧に霞みわたる中、湖岸の辛崎の松は背後の山の桜よりさらに朧で

風情が深いものだ。

 

 

 「かな」などの切字を用いず、湖水朦朧とした実感をだすのに「にて」と和

らげて巧みに余情の効果を出している。詩的開眼につながる一句である。

 

「辛崎の松」は辛崎の一つ松で歌枕であり、琵琶湖の西岸、大津の北四キロに

あって、近江八景の一つである。

「花」は具体的には古歌に名高い長良山の山桜である。

 

 

大津市堅田 本福寺        大津市唐崎 唐崎神社

 

      大津市神宮町 近江神宮

 

 

MENU        MENU7