松茸や知らぬ木の葉のへばり付く      

元禄四年(一六九一)四十八歳の作である

 

句意

 

 取りたての新鮮な松茸の笠に、何の木の葉か、湿った朽ち葉がべったりへば

りついている。

 

 

新鮮な松茸の感触が伝わってくる。そして「へばり付く」が殊に実感的である。

 

 

甲賀郡信楽町勅旨 玉桂寺

 

 

MENU        MENU7