百歳の気色を庭の落葉哉      

元禄四年(一六九一)四十八歳の作である

句意

 

 庭に深く降りつもった落葉が、百年という長い歳月を重ねたこの寺のもの古

い趣を、まさしく眼前に物語っているようだ。

 

 

元禄辛未十月、明照寺李由子宿 当寺この平田に地を移されてより、己に百

歳に及ぶとかや、御堂奉加の辞に曰く、「竹樹密に、土石老いたり」と。誠に

木立もの古りて殊勝に覚え侍りければ との前詞があり、明照寺での挨拶句

である。

 

 

彦根市平田町 明照寺

 

 

MENU        MENU7