尊がる涙や染めて散る紅葉      

元禄四年(一六九一)四十八歳の作である

句意

 

 この寺の尊さに思わず漏らす私の涙を紅く染めようとでもいうふうに、庭の

紅葉がはらはらと散っている。

 

 

 明照寺住職である李由への挨拶句であり、眼前嘱目の紅葉を生かしている。

 

 

大津市国分 幻住庵遊歩道    高月町落川 大圓寺

 

 

MENU        MENU7