湖や暑さを惜しむ雲の峰      

元禄七年(一六九四)五十一歳の作である

句意

 

 湖上はるかな雲の峰は、昼の炎暑を惜しむかのようにいつまでも崩れずに立

っているが、湖は夕風がわたって、すっかり涼しくなった。

 

 

 雲の峰が暑さの消えるのを惜しむとの擬人法。

 

間接に夕景の到来を暗示し、昼から夕への時の推移をこめている。

 

 

大津市丸の内町 膳所公園

 

 

MENU        MENU7