ひらひらと挙ぐる扇や雲の峰      

元禄七年(一六九四)五十一歳の作である

句意

 

 太夫の仕舞に、手に白扇をひらひらと翻しつつ高く掲げるさまは、折から夏

空に白く浮き立つ雲の峰のごとく高々と、健よかに見えることだ。

 

 

 「本間氏主馬宅に遊び」との前詞があり、主馬亭での発句である。

 

そして主馬の演じた仕舞の妙技を、湖上嘱目の雲の峰に擬して讃えた当意即妙

の挨拶句である。

 

 

大津市京町 天孫神社

 

 

MENU        MENU7