五月雨に鳰の浮巣を見にかむ      

貞享四年(一六八七)四十四歳の作である

 

句意

 

 降り続く五月雨で今ごろは琵琶湖の水も増し、珍しい鳰の浮巣浮き上がっ

て見えるはずだ。

さあこの雨の中、その浮巣を見に行こう。

 

 

芭蕉自ら、「句の面に俳諧の詞はないが、五月雨の中、わざわざ鳰の浮巣を見

に行くという酔狂、風狂の心自体に俳諧性がある」と言ったとある(三冊子)。

 

「鳰」はかいつぶりで、夏に葦、菰などの茂る湖沼の水面に水草を集めて巣を

作る。その巣は水面に浮かんだまま、水の増減につれて上下する。

 

 

甲賀郡土山町南土山 常明寺

 

 

MENU        MENU7