樫の木の花にかまはぬ姿かな      

貞享二年(一六八五)四十二歳の作である

句意

 

 華麗に咲き誇る花の中に、飾り気もなく超然として立つ庭の前の樫の木。そ

れはまるであなたの質朴、隠逸の生活そのものですね。

 

 

 東本願寺派西岸寺住職であった、三井秋風の隠者ぶりを讃えた挨拶句である。

 

 

大津市国分 幻住庵遊歩道

 

 

MENU        MENU7