田一枚植ゑて立ち去る柳かな      

元禄二年(一六八九)四十六歳の作である

句意

 

 西行ゆかりの柳の陰にたたずみ、しばし懐古の情にふけってふと気づくと、

早乙女はすでに田一枚を植え終わっている。ああ思わず時が経ったのだと、思

いを残して柳のもとを立ち去ったものだ。

 

 

 謡曲「遊行柳」に、西行が「道のべの清水流るる柳陰しばしとてこそ立ち

まりつれ」と詠んだとある、芦野の里の「遊行の柳」を見て詠んだ句である。

 

そして西行への深い思慕の情を見せている句である。

 

 

東浅井郡浅井町三田 平和堂前

 

 

MENU        MENU7