鶯の笠落したる椿かな      

元禄三年(一六九十)四十七歳の作である

句意

 

 庭先でしきりに鶯が囀っている。そのさなか鶯が美しい花笠を落したとでも

いうふうに、椿の花がポトリと散り落ちたことよ。

 

 

 古歌に鶯は梅の花で笠を縫うという。その歌語から、眼前の落椿を梅の花笠

ならぬ椿の花笠と見立てた俳諧的滑稽味のある句作である。

 

 

大津市国分 幻住庵遊歩道

 

 

MENU        MENU7