折々に伊吹を見ては冬籠り      

元禄四年(一六九一)四十八歳の作である

句意

 

 ここの主は、時折あの伊吹山の雄姿を眺めては、悠然として冬籠りを楽しん

でいる。

 

 

「千川亭に遊び」との前詞があり、「千川」は大垣藩士岡田治左衛門の号で、

岐阜蕉門である。

 

西に伊吹山を望む千川亭の眺望と、冬籠りのつれづれを救うに十分な土地と名

山伊吹山を讃えた亭主への挨拶句である。

 

 

彦根市高宮町 高宮神社      長浜市神前町 八幡神社

 

 

MENU        MENU7