うらやまし浮世の北の山桜      

元禄五年(一六九二)四十九歳の作である

句意

 

 浮世の外と思わせる朔北の幽邃境に山桜が絢爛と咲き誇っている。そんな光

景も思いやられて、あなたの境涯(きょうがい)がつくづくうらやましく思われる。

 

金沢の卯辰山に隠棲していた門人の、句空に求められて詠み送ったものであ

る。

「浮世の北」とは浮世を遠く離れた北国のことである。

 

 

大津市国分 幻住庵遊歩道

 

 

MENU        MENU7