人も見ぬ春や鏡の裏の梅      

元禄五年(一六九二)四十九歳の作である

句意

 

 ああこんな、人の見もしない鏡の裏で、ひっそりと春を迎えている梅もある

ことよ。

 

 

昔の鏡は青銅などの金属製であり、その裏側に花鳥などの模様が付けられて

いた。

ふだんは人も見ぬ、そんな鏡裏の梅に隠逸の心を見出して共感している心境句

である。

 

 

坂田郡伊吹町杉沢 勝居神社

 

 

MENU        MENU7