蒟蒻の刺身もすこし梅の花      

元禄六年(一六九三)五十歳の作である

句意

 

 亡き人のために、折からの梅の花を一枝手折り、そして蒟蒻の刺身も仏前に

少し手向けて、ありし日のことを思い出している。

 

 

 「去来子へ遣す」との前詞があり、去来宛に亡き人のことを悼んで言い送っ

た句である。

 

芭蕉は蒟蒻が好物であった。

侘しい芭蕉の生活の一端と、亡き人への思いやりの心にほのぼのとする一句で

ある。

 

 

蒲生郡永源寺町 永源寺開山堂

 

 

MENU        MENU7