梅が香につと日の出る山路哉      

元禄七年(一六九四)五十一歳の作である

 

句意

 

 早春、梅の香の馥郁と匂う未明の山路を辿っていると、行く手の山の頂から

赤い大きな朝日がのうっと昇りはじめている。

 

 

清爽感あふれる早春の山路の風景を平明な口調で捉えた、軽みの代表作である。

 

俗語「のつと」の語感を巧みに生かしている句作である。

 

 

大津市国分 幻住庵遊歩道

 

 

MENU        MENU7