八九間空で雨降る柳かな      

元禄七年(一六九四)五十一歳の作である

句意

 

 絹のような細い春雨もやみ、清らかな陽光が射しはじめる中で、八、九間も

高く空に枝葉を広げた柳の大木の頂あたりからは、まだ雨が降っているように

雨雫がきらきら光りながら滴り落ちている。

 

 

「八九間」は陶淵明の「帰田園居」の中の「草屋八九間、楡柳蔭後簷」を心

に置いて、緑したたる大柳の雨後の風情を活写している。

 

 

神崎郡五個荘町小幡 厳島神社   高月町柳野 売比多神社

 

 

MENU        MENU7