夕顔や秋はいろいろの瓢かな      

元禄一年(一六八八)四十五歳の作である

句意

 

 夕顔の花はみな一様に白く形も同じようなのに、これが秋になると大小、長

短、さまざまな形の瓢になるのだなあ。

 

 

夕顔のある縁先などに涼み、瓢箪の炭取をふと見かけて即興的に詠んだ趣き

ある句である。

「大津なる松洞がもとにて、炭取に書き付けける」と伝えられている。

 

 

長浜市今町 小川畔

 

 

MENU        MENU7