曙はまだ紫にほととぎす      

元禄三年(一六九十)四十七歳の作である

句意

 

 明けようとして明け離れず、雲もまだ紫色を帯びている曙の空を、時鳥が鳴

き過ぎていく。

 

 「勢田に泊り、暁石山寺に詣で、かの源氏の間を見て」との前詞がある。

 

「源氏物語」の紫式部を心に置き、「枕草紙」の冒頭「春は曙・・・紫だちたる雲

の細くたなびきたる」をふまえた句作である。

 

 

大津市石山寺 石山寺

 

 

MENU        MENU7