芭蕉と伊賀 -芭蕉生誕360年-
  芭蕉翁記念館 参考文献 サイトマップ 問い合わせ
ホーム 芭蕉の故郷「伊賀上野」 芭蕉作品集 芭蕉の足跡 伊賀上野芭蕉史跡ガイド 芭蕉祭の紹介
芭蕉旅遊の記録
芭蕉足跡 行程の詳細
芭蕉の行程全体図
野ざらし紀行(41歳〜42歳)
鹿島詣(44歳)
笈の小文(44歳〜45歳)
更科紀行(45歳)
奥の細道(46〜47歳)
嵯峨日記(48歳)
芭蕉最後の旅(51歳)
芭蕉の足跡
HOME > 芭蕉の足跡 > 笈の小文
芭蕉の足跡 笈の小文
笈の小文
>>拡大地図はこちら
 

「笈の小文」(1687〜1688) ※下記年表の青の部分は三重における芭蕉の足跡です。

  日本の出来事 世界の出来事
1687年 東山天皇践祚 生類憐れみの令の発布。
友禅染の発明。
ニュートン『プリンキピア』を刊行。
1688年 大坂堂島で米穀取引所がつくられる。
井原西鶴『日本永代蔵』刊行。
太宰府の観世音寺の改築。
柳沢吉保が側用人となり権勢を振るう。
イギリスで名誉革命(〜89)。
西南ドイツでプファルツ戦争勃発。
貞亭4年(1687)44歳
10月25日  江戸を出立。
 旅人と 我名呼ばれん 初しぐれ
11月4日  鳴海に着く。蕉門の下里知足邸に滞在。
 星崎の 闇を見よとや 啼く千鳥
 京までは まだ半空や 雪の雲
8日  熱田へ。
9日  鳴海へ戻る。
10日  杜国のいる保美村へ向かう。吉田で泊る。
 冬の日や 馬上に凍る 影法師
12日  杜国と伊良湖岬に遊ぶ。
 鷹一つ 見付けてうれし 伊良湖崎 
16日  鳴海に戻る。
21日〜24日  熱田に滞在。熱田神宮参拝。
25日  名古屋へ。
12月10日過ぎ  名古屋を発ち伊賀へ。
下旬  伊賀上野に帰着。伊賀で越年。
 旧里や  臍の緒に泣く としの暮
貞亭5年(1688)45歳
1月1日  二日にも ぬかりはせじな 花の春
1月9日  小川風麦亭の会にて
 春たちて まだ九日の 野山かな
2月初旬  伊賀を発ち、伊勢神宮に赴く。(途中上野の郊外阿波庄まで旧友・
 宗七・宗無を同伴)
 丈六に かげろふ高し 石の上
4日  伊勢神宮参拝、数日伊勢に滞在する。滞在中、伊良胡崎から来た
 杜国と落ち合う。

 神宮中津益光亭で、参宮の句を発句に八吟歌仙興行
 何の木の 花とはしらず 匂哉
 網代民部雪堂亭に招かれ、発句・脇あり。
 梅の木に 猶やどり木や 梅の花
10日  嵐朝宅に一泊。
11日  嵐朝宅に在中。
上中旬  杉風宛書簡を執筆。(近況と今後の予定を報ず。)
 18日、亡父三十三回忌に合わせて伊賀に戻ることや濁子一家への
 伝言も記す。

 伊勢滞在中の吟会
 紙ぎぬの ぬるともをらん 雨の花
 園女亭
 のうれんの 奥物ぶかし 北の梅
 滞在中の発句
 梅稀に 一もとゆかし 子良の舘
 御子良子の 一もと床し 梅の花
 龍尚舎に逢う
 物の名を 先とふ荻の わかばかな
 物の名を 先とふ蘆の わか葉哉
 二乗軒と言う草庵の会
 やぶ椿 かどは葎の わかばかな
 いも植て 門は葎の わか葉哉
 菩提山即時
 山寺の かなしさ告げよ ところ掘り
 此山の かなしさ告よ 野老掘
 楠部
 盃に 泥な落しそ むら燕
 15日、外宮の舘にありて
 神垣や おもひもかけず 涅槃像
 27日神路山を出づるとて
 はだかには まだ衣更着の あらし哉
17日  伊勢を出発。
18日  伊賀へ戻り、実家に帰る。亡父三十三回忌法要が営まれる。
19日  杜国・宗波来訪。宗七(造り酒屋)に手紙を持って接待用の酒一升を
 乞う。宗七は一泊のみ。
月末  岡本苔蘇(木白)の瓢竹庵に入り、杜国と共に約二旬を過ごす。
3月11日  土芳の新庵に泊まる。
中旬  土芳庵訪問の折、面壁の達磨の画図に『蓑虫』の句を賛して与える。
 (蓑虫庵の由来)
 土芳庵で句文を草す。
 香ににほへ うにほる岡の 梅のはな

 旧主家藤堂探丸別邸の花見に招かれ、懐旧の句あり。探丸脇あり。
 これを自筆に揮毫して贈る。
 さまざまの 事おもひ出す 桜かな
 
風麦子にて兼日の会に句を乞はれし時
 あこくその 心もしらず 梅の花
 伊賀の山家にありて
 手鼻かむ 音さへ梅の さかり哉
 かれ芝や まだかげろふの 一二寸
 枯芝や ややかげろふの 一二寸

 薬師寺月並初会
 初桜 折しもけふは 能日なり
3月11日  土芳の新庵に泊まる。
19日  瓢竹庵を出、万菊丸(杜国の戯号)を伴って、花見に吉野行脚に赴く。
 吉野見物、高野山参詣の後、3月末、和歌浦に至る。
 花をやどに はじめをはりや はつかほど
 吉野にて 桜みせうぞ 檜笠

 初瀬にて
 春の夜や 籠り人ゆかし 堂の隅
 雲雀より 空にやすらふ 峠哉
 ほろほろと 山吹散るか 滝の音
 春雨の 木下につたふ 清水かな
 父母の しきりに恋し  雉子の声
4月上旬  奈良で唐招提寺などを見物。
  若葉して 御目の雫 ぬぐはばや
11日  奈良を出立。八木、耳成山の東に泊まる。
 草臥れて 宿かるころや 藤の花
13日  大坂に行き滞在。
19日  尼埼を出発。
20日  須磨、明石を巡る。須磨泊。
21日  布引の滝、箕面の滝などを見物。
23日  京都に入る。
5月中旬〜6月6日  大津枡屋町の医者江左尚白亭などに滞在。
※参考、「芭蕉を歩く東海道・中山道」、「芭蕉翁記念館ホームページ: 松尾芭蕉(三重での行動)」
 
ページトップへ
芭蕉と伊賀