芭蕉と伊賀 -芭蕉生誕360年-
  芭蕉翁記念館 参考文献 サイトマップ 問い合わせ
ホーム 芭蕉の故郷「伊賀上野」 芭蕉作品集 芭蕉の足跡 伊賀上野芭蕉史跡ガイド 芭蕉祭の紹介
芭蕉旅遊の記録
芭蕉足跡 行程の詳細
芭蕉の行程全体図
野ざらし紀行(41歳〜42歳)
鹿島詣(44歳)
笈の小文(44歳〜45歳)
更科紀行(45歳)
奥の細道(46〜47歳)
嵯峨日記(48歳)
芭蕉最後の旅(51歳)
芭蕉の足跡
HOME > 芭蕉の足跡 > 嵯峨日記
芭蕉の足跡 嵯峨日記
嵯峨日記
>>拡大地図はこちら
落柿舎 
落柿舎
京都観光スポット 嵐山
京都観光スポット 嵐山
 

「嵯峨日記」出立前の芭蕉 (1691) ※下記年表の青の部分は三重における芭蕉の足跡です。

  日本の出来事 世界の出来事
1691年 幕府が、湯島に昌平坂学問所をつくり、林家を世襲の大学頭とする。  
元禄4年(1691)48歳
1月  南を去り、伊賀に戻る。(6〜8日頃か。)以後3月末まで逗留。
 正秀宛書簡を執筆。
 智月宛書簡を執筆。
 藤堂修理長定(橋木)屋敷で句会あり。
 伊陽山中初春
 やまざとは まんざい遅し 梅花
 卓袋宅の月待ちに招かれて句あり。
 月待や 梅かたげ行 小山伏
2月  両3名を誘って奈良の薪能見物。伊賀に戻る。
 怒誰宛書簡を執筆。
 珍夕(珍碩)宛書簡執筆。
 愚句
 不性さや 抱き起さるる 春の雨
 又ここもと門人の句に
 庭興
 梅が香や 砂利敷き流す 谷の奥
 今おもふ所に聊か叶ひ候へば書き
 付け進じ候
 二月廿二日            芭蕉
 珍夕様
3月  去来宛書簡を執筆。
 万乎別墅桜見の会で俳諧一折興行。
 年々や 桜を肥やす 花の塵

 伊賀滞在中の俳事
 尾張の人から酒・木曾の独活・茶を贈られて門 人らに披露の
 折、俳諧あり
 のミあけて 花生にせん 二升樽
 赤坂の実家の庵で来訪の人俳諧一折。
 山吹や 笠に指べき 枝の形り
   

「嵯峨日記」

元禄4年(1691)48歳
4月18日  嵯峨野の落柿舎に入る。
19日  臨川寺に詣でる。
20日  去来、凡兆の妻くる。
24日  堅田より本福寺の住職千那くる。
25日  千那帰る。乙州、丈草くる。
5月2日  曾良が訪れる。
5日   落柿舎をあとにする。
6月25日〜9月28日  大津無名庵滞在。
9月28日  江戸へ発つ。
※参考、「芭蕉を歩く東海道・中山道」、「芭蕉翁記念館ホームページ: 松尾芭蕉(三重での行動)」
 
ページトップへ
芭蕉と伊賀