芭蕉と伊賀 -芭蕉生誕360年-
  芭蕉翁記念館 参考文献 サイトマップ 問い合わせ
ホーム 芭蕉の故郷「伊賀上野」 芭蕉作品集 芭蕉の足跡 伊賀上野芭蕉史跡ガイド 芭蕉祭の紹介
文化薫る歴史のまちの風物詩
芭蕉祭の紹介
祭の歴史・リアル中継
過去の受賞作品
芭蕉祭の紹介
HOME > 芭蕉祭の紹介 > 過去の受賞作品
過去の受賞作品
第57回(2003年) 第56回(2002年) 第55回(2001年) 第54回(2000年) 第53回(1999年)
第52回(1998年) 第51回(1997年) 第50回(1996年) 第49回(1995年) 第48回(1994年)
 
第50回(1996年) 特選受賞作品掲載
 
・峯入りの  腰に薬袋  揺れてをり
・浮寝鳥  眠れば湖も  眠りけり
・音もなく  微塵の露  こぼれつぐ
・波音は  島をはなれず  切子の灯
・鷹啼くや  耳底にある  父のこゑ
・老人が  老女を点す  麦星よ
・螢の夜  アップルパイを  召し上がれ
・鳥渡る  いささか大き  五平餅
・露けしと  猿蓑塚の  石に手を
・吾亦紅  伊賀の茶碗の  大ぶりに
・猿来ると  捨てし畑や  草の花
・生きざまを  それぞれに秘め  終戦忌
・夏草の  歳月深し  離村墓地
・島国の  そのまた島の  盆踊
・風抜けて  どこも上座よ  船遊び
・推敲の  楔と打つ一字  露白し
・灼くる地の  底や王墓は  極彩に
・廬刈の  一面識も  なく親し
・とうすみの  方三尺の  天下かな
・野仏に  わづか賜る  夏蕨
・休みたき  時には休み  鉦叩
・尊者みな  つむり才槌  安居寺
・火と水を  ゆたかに使ひ  盆終わる
・松の傷  癒えぬ炎天  五十年
・髪洗ふ  指に絡まる  業深く
・人混める  ほどには熊手  売れてゐず
・丈高き  苧殻は先に  売れにけり
 
第57回(2003年) 第56回(2002年) 第55回(2001年) 第54回(2000年) 第53回(1999年)
第52回(1998年) 第51回(1997年) 第50回(1996年) 第49回(1995年) 第48回(1994年)
 
ページトップへ
 
芭蕉と伊賀