芭蕉と伊賀 -芭蕉生誕360年-
  芭蕉翁記念館 参考文献 サイトマップ 問い合わせ
ホーム 芭蕉の故郷「伊賀上野」 芭蕉作品集 芭蕉の足跡 伊賀上野芭蕉史跡ガイド 芭蕉祭の紹介
芭蕉を偲んで
伊賀上野周辺の史跡
芭蕉翁生家(赤坂町)
釣月軒(赤坂町)
上野天神宮(東町)
蓑虫庵(西日南町)
様々園(玄蕃町)
故郷塚(農人町)
俳聖殿
伊賀上野周辺の句碑
市街地
ふるさと芭蕉の森公園
くれは水辺公園
下友生橋欄干
その他
芭蕉が歩いた伊賀の街道
大和街道
伊賀街道
初瀬街道
伊賀上野芭蕉史跡ガイド
HOME > 伊賀上野芭蕉史跡ガイド > 初瀬街道 > 丈六(名張市結馬・赤目町相楽〜阿部田)
芭蕉が歩いた伊賀の街道
初瀬街道
  丈六(名張市赤目町相楽〜阿部田)
初瀬街道 丈六(名張市赤目町相楽〜阿部田)
春日神社
A.丈六寺
室生寺四門の一つである北門の霊地と伝えられる。真言宗東寺派。鎌倉時代から室町時代にかけては寺域も広がったが、天正の乱で、全焼したという。現在の本堂は、寛政4年(1792)の造工。境内には、鎌倉時代後期の作で、市指定文化財の石造五輪塔がある。
春日燈籠
B.鳥居
街道右手。鹿高神社の石の鳥居。このあたりは古くから「大殿」と言われている。
鹿高智護神社跡
C.鹿高神社

壬申の乱の際、このあたりを通りかかった大海人皇子が、折からの大水で宇陀川を渡れず困っていると、どこからともなく白鹿が現れ、皇子を乗せて川を渡ったという。皇子は乱ののち、勅使をもって白鹿を祀る神社を建てた。それが鹿高神社であり、鹿高の地名はこのことにちなむという。

鹿高智護神社跡
宇陀川の景観

かつて、黒田荘の時代にはこの付近で東大寺の用材が切り出され、筏に組まれて宇陀川から名張川を下り、木津川まで流されたという。

初瀬街道 伊賀上野周辺の史跡案内
(1)伊勢路宿(青山町伊勢路〜岡田) (2)新田(名張市新田〜西原町)
(3)蔵持(名張市蔵持町原出〜東町)
(4)名張市(名張市東町〜赤目町相楽)
(5)丈六(名張市赤目町相楽〜阿部田)
(6)鹿高(名張市阿部田〜県境)
 
ページトップへ
芭蕉と伊賀
鳥居 鹿高神社 丈六寺