芭蕉と伊賀 -芭蕉生誕360年-
  芭蕉翁記念館 参考文献 サイトマップ 問い合わせ
ホーム 芭蕉の故郷「伊賀上野」 芭蕉作品集 芭蕉の足跡 伊賀上野芭蕉史跡ガイド 芭蕉祭の紹介
芭蕉を偲んで
伊賀上野周辺の史跡
芭蕉翁生家(赤坂町)
釣月軒(赤坂町)
上野天神宮(東町)
蓑虫庵(西日南町)
様々園(玄蕃町)
故郷塚(農人町)
俳聖殿
伊賀上野周辺の句碑
市街地
ふるさと芭蕉の森公園
くれは水辺公園
下友生橋欄干
その他
芭蕉が歩いた伊賀の街道
大和街道
伊賀街道
初瀬街道
伊賀上野芭蕉史跡ガイド
HOME > 伊賀上野芭蕉史跡ガイド > 大和街道 > 島ヶ原(島ヶ原村三軒家〜川南)
芭蕉が歩いた伊賀の街道
大和街道
  島ヶ原(島ヶ原村三軒家〜川南)
大和街道 島ヶ原(島ヶ原村三軒家〜川南)
見とどけ地蔵
A.見とどけ地蔵
小場の西はずれの集落北から稲荷神社境内へ移設。織田信長の伊賀攻めより射手神社旧殿が焼かれたのを見とどけたという言い伝えがある。市指定文化財。
芭蕉句碑
B.芭蕉句碑
三軒家の橋を渡って200mの所にある。「春なれや 名もなき山の 薄霞」
伊賀越資料館
C.三本松峠付近の道
上野の城下町を抜けた街道は、国道163号に沿ってしばらく進みますが、上野市三軒屋のあたりで国道からはずれ、三本松峠を経て島ヶ原宿のあった島ヶ原村へ続きます。三本松峠への道は道幅も狭く、かつての街道の雰囲気を残しています。また、島ヶ原は山城国から伊賀国に入る重要な関門であり、木津川は、下流にある京都・大阪などの大きな都市につながっているなど、水陸路両面で重要な場所でした。
大和街道 伊賀周辺の史跡案内
(1)上柘植(上町〜下町) (2)上野(車坂町〜中町)
(3)鍵屋ノ辻(上野市向島町〜長田)
(4)島ヶ原(島ヶ原村三軒屋〜川南)
(5)島ヶ原(島ヶ原村川南〜山菅)
 
 
 
ページトップへ
芭蕉と伊賀
三本松峠付近の道 芭蕉句碑 見とどけ地蔵